診療案内 医師紹介 健康診断 予防接種 お知らせ アクセス リンク
受付の写真

予防接種

当院ではインフルエンザや肺炎球菌の予防接種を行っていますので、ご希望の方はお電話でお問い合わせください。

新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンの接種間隔について

新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種できません。
新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンの接種間隔は、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間以上間隔を空けてください。
新型コロナワクチンは、一定間隔空けて2回接種しますが、その間は、それ以外のワクチン接種を行わず、連続して、新型コロナワクチンを2回接種するようにしてください。

予防接種を受けられない方
注意が必要な方

  重篤な急性疾患の方
  ワクチンに含まれる成分(卵や抗生物質、安定剤)で アレルギーを起こしたことがある方
  妊娠している方 ※風疹や麻疹の予防接種の場合
  心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気などで治療を受けている方
  これまでに予防接種で、接種後の2日以内に発熱や発疹、 蕁麻疹といったアレルギー症状を起こしたことがある方
  今までにけいれんを起こしたことがある方
  過去に免疫不全の診断が流されている方
  近親者に先天性免疫不全の方がいる方

当院で受けられる予防接種

(消費税込み)

インフルエンザ

3,500円

肺炎球菌

3,000円

インフルエンザワクチン接種について

例年、11月下旬頃に流行がはじまり、1月~3月上旬に流行のピークを迎えます。インフルエンザのワクチン接種はこの流行シーズンをカバーできるように受けることが重要です。ワクチンの効果は接種から約2週間後から現れ、5か月程度持続しますので、接種のベストタイミングは11月はじめから12月中旬までです。受験などで12月に大事なスケジュールがある場合には、11月中旬までに受けるようにしてください。
インフルエンザは重症化して気管支炎や肺炎を起こすこともありますし、重篤な合併症として脳症を起こすこともあります。インフルエンザワクチンの予防接種はインフルエンザの発症自体を予防する効果もありますが、発症した場合にも重症化や合併症の予防効果も期待できます。また、予防接種を受ける方が増えれば、流行の抑制にも役立ちます。

当院のインフルエンザ予防接種は、3歳以上を対象にしています。なお、岡山市では65歳以上の方のインフルエンザワクチン接種を公費助成の対象にしています。

定期接種対象者の方の優先的接種について

今年は新型コロナウイルスの流行が懸念される中、この冬に向けてインフルエンザワクチンの需要が高まる可能性があります。

そのため、厚生労働省から65歳以上の高齢者の方など予防接種法に基づく定期接種対象者の方を優先的に接種するよう通知が出ています。

インフルエンザワクチン接種のお申込み方法

インフルエンザワクチン接種のお申込みは電話のみで受け付けております。お申込みを希望される方は、当院までお電話ください。

なお、インフルエンザワクチン接種については、ワクチンがなくなり次第終了となります。そのため、早めにお申込みいただくようお願いします。

肺炎球菌ワクチン接種について

日本人の死因で、肺炎は長く上位を占めています。肺炎が原因で亡くなった方の97%が65歳以上とされています。肺炎はさまざまな原因で起こりますが、最も多いのは肺炎球菌によるものです。肺炎球菌は、肺炎球菌のワクチン予防接種で発症や重症化を予防できます。この肺炎球菌ワクチンは1回の接種で5年間ほど効果が持続するとされているため、前回接種が5年以上前だった場合には接種を受けることをおすすめしています。

肺炎球菌ワクチン接種のお申込み方法

肺炎球菌ワクチン接種のお申込みは電話のみで受け付けております。お申込みを希望される方は、当院までお電話ください。

なお、肺炎球菌ワクチン接種については、ワクチンがなくなり次第終了となります。そのため、早めにお申込みいただくようお願いします。

予防接種 お問い合せ

お問い合わせはお電話にてお願いします。

電話マーク086-244-1000